豆知識

手入れの仕方で飾る場所や水遣りに関してご説明致しましたが、今回は知っておくと良い豆知識をご紹介いたします。
フラワーアレンジメントに使用している生花は繊細で乾燥を苦手としているので、霧吹きで花・葉・葉の裏にお水を吹きつけてあげましょう。
咲き終わったお花をそのままにしておくと雑菌が発生して他のお花に悪影響をもたらします。

お花の数が少なくなってきたら残っているお花は水きりして、花瓶などに活けかえてあげてください。
水切りとは、水を張ったバケツなどの中で、茎の先端を1cmほど切ることなんですが、斜めに切ると切り口の面積が大きくなって、お水の吸い上げる効果が大きいです。

お家の中にある生活用品でお花をきれいに長く楽しむコツをご紹介致します。

ひとつまみのお砂糖をお水の中に入れると・・砂糖は成長の手助けとなるため、お花が元気に咲く事になります。

漂白剤を2~3滴お水の中に入れると・・殺菌作用が高くなり雑菌が増えるのを防ぐため、お花が長持ちします。

氷を花瓶に入れると・・殺菌作用が高くなりばい菌が増えるのを防ぐため、お花が長持ちします。